台渡村(だいわたりむら) 現在の渡里町・文京一丁目と二丁目・袴塚三丁目
 那珂川の右岸に位置し、上市台地の西の端にあり、東側・北側は急傾斜の山林に境され、西は堀村、東は圷渡村。北部の低地を田野川が東流し、飯富村の境で那珂川に注ぐ。那須街道が村の南部を東南から北西に貫く。
 徳輪寺遺跡・アラヤ遺跡・長者山政庁跡などの遺跡の存在や土器の出土などから、古くから生活が営まれた地域であることがわかる。「万葉集」巻九に「那珂郡曝井歌一首」と題して

 三栗の那珂に向かへる曝井の絶えず通はむそこに妻もが

という歌があり、「常陸国風土記」の那賀郡の項には「郡より東北のかた、粟河を挾みて駅家を置く。其より南に当りて、泉、坂の中に出づ。多に流れて尤清く、曝井と謂ふ。泉に縁りて居める村落の婦女、夏の月に会集ひて布を浣ひ、曝し乾せり」と記される。この曝井の所在については袴塚村の滝坂(現愛宕町)、当村の小岩井坂のいずれかとみられるが、この二カ所は距離的にも近く、ともに中河内渡に向かう交通路にあたる。そのうえ台地の端で湧水も多く、古代人々の生活が繰り広げられた所と考えられる。また一盛長者の伝説もあり、この地が交通の要路として繁栄したことが推察される。

 (平凡社 日本歴史地名大系8 茨城県の地名より抜粋)