渡里住民の会の平成28年度第2回役員会が、渡里市民センター会議室で本日の午前10時より開催されました。各部門の2か月間の活動報告などに続いて協議事項として、市民運動会と防災訓練に関しての話し合いが行われました。以前より問題となっていた花火による早朝6時の合図に関しての状況説明が会長よりありました。各地の市民センターなどへ騒音としての苦情が度々寄せられていることと、地域の事情によって判断が分かれ、開催するところと中止を決断するところに分かれた場合、花火では地元のものか隣接する地区のものかの判断が付かないということで、地元ラジオ局にてスポット放送を入れてもらうという方法を検討中ということでした。現実に昨年も渡里地区では早々に中止を決めましたが、隣接する堀原地区では体育館での開催を決断して花火の合図を行いましたが、判断の付かない関係者や市民からの問い合わせが多数あったようです。事前に回覧する印刷物や渡里地区運動会のパンフレットによって告知して、当日のラジオ放送で確認をしていただくというものに切り替えたいということでした。防災訓練に関しては従来型の内容を改めて、3.11での教訓から避難場所での対応等を主眼に置いた訓練にすることを検討中ということでした。今後も各部会で検討を進めて、次回の役員会までに具体的な内容を決めたいということでした。