image_01image_03image_02

 9月8日から9日に掛けての台風の強風によるものと思える倒木が多くみられ、旧国道敷一帯の木々にも影響があり荒れ放題の状況となっていました。10月13日の「湧水の日」作業時に多くの会員による人海戦術により、チェンソーを使っての倒木の処理と散乱している枝や葉っぱを片付けるようになります。