image_12image_11image_14

 2月9日(日)の渡里湧水群を活かす会「湧水の日」活動日に45名が集合しました。この日は全員で枯竹の処理を行いましたが、その一部を使って竹炭を作り「紅はるか」をキッチンペーパーを濡らして巻き付け、更にアルミフォイルで包んだものを竹炭の余熱で焼き上げた本格的なモノです。ここ数日の寒気による冷え込みの中での活動後でしたから、寒い寒いを連発していた皆さんが熱々の焼き芋を頬張りました。

image_15image_13image_16