渡里地区コミュニティ

渡里地区(渡里町、文京町、堀町、田野町)が一体となって活動している地域の総合情報です。

2015年08月

袴塚村より分村して渡村となり、さらに圷渡村(76戸/天保年間)と台渡村(52戸/天保年間)に分村する。その後、天保十三年に合併して渡里村となる。明治十五年に堀村と連合村「渡里村」となり、明治十七年には田野村を加えて連合村「堀村」と変わる。明治二十二年には ...

 上市台地の西北方に位置し、緩やかな起伏のある丘陵地帯にあり、村の北部を田野川が東流する。南は開江村。古士巻遺跡・仲根縄文遺跡・仲根弥生遺跡・仲根土師遺跡・三つ児塚古墳群・後山田遺跡・山田古墳群・田野台遺跡など多くの遺跡があり、古くから生活が営まれていた ...

 堀村(ほりむら) 現在の堀町・新原一・二丁目・石川一・四丁目水戸城下の西に位置し、那須街道の南側にある。村の北東部は上市台地の西端にあたり、西南に向かって徐々に低地 となる。北は田野・飯富・台渡里三村。古くは全隈郷に属し、江戸氏の支配下にあった。「水府地 ...

 圷渡村(あくつわたりむら) 現在の渡里町・文京一丁目と二丁目・ちとせ二丁目 水戸城下の西北に位置し、屈曲して流れる那珂川の南岸にある。台地の北端から急坂を、下った那珂川流域の低地を主とする村。南は袴塚村。 古代那賀の郡衙が台渡に、駅家が那珂川対岸の中河 ...

 台渡村(だいわたりむら) 現在の渡里町・文京一丁目と二丁目・袴塚三丁目 那珂川の右岸に位置し、上市台地の西の端にあり、東側・北側は急傾斜の山林に境され、西は堀村、東は圷渡村。北部の低地を田野川が東流し、飯富村の境で那珂川に注ぐ。那須街道が村の南部を東南 ...

↑このページのトップヘ